株初心者必見!投資顧問会社との上手な付き合い方

投資顧問会社が提供するサービスとは

自然に囲まれている女性

投資顧問会社とは、金融商品取引法に基づく投資助言・代理業として、投資家に対して投資についての様々なアドバイスを行う会社です。この業務を行うためには、事前に金融庁に対して登録を行うことが必要であるため、そのサービス内容には一定の信用が置けると考えがちですが、投資顧問会社から助言を受けるに際しては、必要以上にその内容を信じ過ぎるのは禁物です。投資はあくまでも自己責任であり、いくらプロである投資顧問会社の助言であるといっても、それをもとにして行った投資の結果は投資家自身が負わなければならないためです。

投資顧問が行う助言の内容とは?

株価のイメージと男性

投資顧問の助言サービスを利用するにあたっては、サービス内容をよく理解しておくことが重要です。サービス内容は、各社によって異なっていますが、最も一般的なものは、今後一定期間以内に値上がりが見込まれる銘柄についての情報を提供してもらえるというものです。どのような銘柄を推奨するかは投資顧問会社の目利き力が試されるところですが、闇雲に推測しているわけでなく、過去の経験則や一定の理論に基づいて値上がり期待が高いものを選別しています。

例えば、代表的な銘柄選定手法の一つに、過去と現在の株価チャートの値動きをもとに将来の株価の動向を推測するというテクニカル分析があります。また、株価は将来の企業価値を現在の価値に置き換えたものであるという考えに基づいて目標株価を算定するファンダメンタル分析も多くの投資顧問会社が採用する手法です。投資顧問会社から助言を受ける場合には、自分に合った手法を取り入れているところを選んだ方が良いでしょう。

投資顧問会社の助言の利用法

既に見たように、投資顧問会社の助言は鵜呑みしない方が良いわけですが、だからといって彼らのサービスに利用価値がないというわけではありません。うまく利用すれば非常に有用なサービスですので、ここではどのように投資顧問会社の助言を使えば良いかについて見ておくことにしましょう。

まず一つ目の利用方法は、投資アドバイスの内容を自分なりに理解することで投資についての知識やノウハウを増やすということです。自分なりの投資方法を確立することが安定的に投資で利益を得るためには重要ですので、そのための教材として助言を利用すると良いでしょう。また、二つ目の方法は、自分が選んだ値上がりが期待できそうな銘柄と投資顧問会社の推奨銘柄を比較するということです。自分が選んだ銘柄と投資顧問会社が選んだ銘柄が同じであれば、安心して投資することができるというわけです。